収益物件で収入を得る~物件の社会的な地位~ | 不動産投資会社の利用で、手軽に多くの利益が得られる

収益物件で収入を得る~物件の社会的な地位~

ボードを持つ女

収益物件の仲介は不動産業の重要な業務です

現代の日本社会では住居は居住者の社会的評価の目安になることがあります。一戸建て住宅の購入は将来的に十分な資力と安定性の象徴となってきましたが、近年はライフスタイルの変化によりマンション等の集合住宅でも高級化が進んでいます。それ程、不動産物件は社会的地位を表しますが、最も社会的に憧憬の対象になるのは居住するのではなく賃貸等の収益物件の所有者でしょう。 収益物件は古くから多く建築されていて、近世以前から地主層の安定した収入源となっていました。しかし、高度経済成長期を経て時代が変化すると収益性が悪化する収益物件が現れる一方で、不動産業は従来よりも業務を拡大して収益物件の買取販売等の仲介業務を充実させていきます。

買取価格は上昇傾向にあります

日本経済は1990年代のバブル経済を経て長い不景気の時代に突入すると不動産物件の買取価格は下降を続けてきました。当然、収益物件も例外ではなく収益性が悪化しても買取価格が投資金額よりも格段に安く手放すことを躊躇う事例が多く発生しました。 しかし、リーマンショックを経て日本でも政権交代が行われると不動産価格が反転の兆しを見せ始めて不動産業界全体が活況を呈し始めました。経済政策の一環として金融緩和が進められると、投資資金が不動産物件にも集まるようになりました。収益物件となるアパートやマンション等の集合住宅は居住目的だけではなく投資対象として人気があるため買取価格が上昇傾向にあり、金融緩和が継続する見込みの現在、当面買取価格は上昇基調にある見込みです。

このエントリーをはてなブックマークに追加